2017年04月13日

木曜日のドル円

おはようございます。

昨日は動きは鈍くなりましたが軟調な株価でムードはリスクオフ。

と思いきや、今朝はドル円が 108円台になっててびっくりポン。

とても買いたい状況ではないが、レートで買ってしまいそう。(^^ゞ"

昨日のトレードは、ポンド円の押し目買いで買い下がり損切りし、また戻り始めたら買って、ナンピンで買い下がり損切りと悪い循環でした。

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 109.645
終値 109.003
高値 109.870
安値 108.968

東京タイムから欧州タイムは、110.50円を挟んだ 50銭のレンジ内をも見合って横ばいに推移しました。

NYタイムは、午後に 109.87円尾高値を付けましたが、引けにかけて 109円を割れて 108.96円まで急落しました。

昨日(4/12) の日経平均は -195.26 円の続落で、NYダウ平均も -59.44 ドルの続落でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

108.40円 - 109.90円 (予想は 三菱東京UFJ銀行 内田稔氏)

[注目ポイント] ウォン安が冗長する円高

[為替予想]

■ 本日の戦略

本日は、やっぱ、様子見かな〜。結構バーゲンチックな感じがするんだが・・・

■ 今日の米国経済指標

21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 米 3月生産者物価指数
21:30 米 3月生産者物価指数・コア
23:00 米 4月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値

■ その他の経済指標

中国3月貿易収支

07:30 NZ 3月企業景況感( PMI )
08:01 英 3月RICS住宅価格
08:50 日 3月マネーストック M3
08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
10:30 豪 3月就業者数
10:30 豪 3月失業率
10:30 豪 RBA 金融安定化報告公表
15:00 独 3月消費者物価指数・確報値
21:30 加 2月新築住宅価格指数
21:30 加 2月製造業出荷

■ 気になる要人発言

なし

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

水曜日のドル円

おはようございます。

ドル円の 110円トライは一発で決められ、110円を割れると一気に走り出し、109円台の半ばまで急落し、109.80円を割れると次のサポートが分からなくなってしまいました。

昨日のトレードは、ポンド円の売りポジションを 137.60円付近で早々に利益確定しました。

137円台前半でのもみあいが続く中、夜になって戻り売りを 2回転させた後、日中から仕掛けていた 137円の押し目買い注文がヒットし、136.86円まで突っ込みましたが、今のところ底堅い展開を見せてくれています。

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 110.950
終値 109.614
高値 110.950
安値 109.611

東京タイムから欧州タイムは、111円手前の水準からジリジリと値を下げて 110円台半ばまで軟調に推移しました。

NYタイムは、ドル売りが急速に加速して 110円台半ばの水準から 110円を割れると走り出して 109.63円まで急落しました。

昨日(4/11) の日経平均は -50.01 円の反落で、NYダウ平均も -6.72 ドルの反落でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

109.00円 - 110.20円 (予想は ドイツ証券 小川和宏氏)

[注目ポイント] 1ヵ月物ボラティリティ

[為替予想]

■ 本日の戦略

本日は、やっぱ、様子見かな〜。

■ 今日の米国経済指標

21:30 米 3月輸入物価指数
23:30 米 週間原油在庫
27:00 米 3月財政収支

■ その他の経済指標

08:50 日 2月機械受注
10:30 中国 3月消費者物価指数
10:30 中国 3月生産者物価指数
17:30 英 2月ILO失業率(3カ月)
17:30 英 3月失業率
17:30 英 3月失業者数
20:00 米 MBA 住宅ローン申請指数
20:00 南ア 2月小売売上高
23:00 加 BOC 政策金利発表および金融政策報告公表

■ 気になる要人発言

24:15 加 ポロズ・カナダ中銀総裁の記者会見

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

火曜日のドル円

おはようございます。

米雇用統計やアメリカのシリア攻撃のリスクは見られず、東京タイムは堅調な株価と共にクロス円が堅調に推移しましたが、欧州タイムに入ると株もクロス円も売られ始め、往って来いの展開でした。

昨日のトレードは、保有中のポンド円で様子を見てましたが、堅調な動きで安心しきって利食いチャンスを逃してしまいました。(^^ゞ

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 111.159
終値 110.932
高値 111.580
安値 110.808

東京タイムは、若干下に窓を開けて始まりましたが、111.05円を底値として堅調に推移し 111.58円まで上昇し、午後は 111円台半ばの水準でもみ合いました。

欧州タイムは、111.50円手前の水準で狭い範囲でのレンジワークでほぼ横ばいの展開でした。

NYタイムは、111円台前半を軟調に推移し 110円台へ割り込むと 110.80円まで下げ進みました。

昨日(4/10) の日経平均は 133.25 円の続伸で、NYダウ平均も 1.92 ドルの反発でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

110.40円 - 111.40円 (予想は JPモルガン・チェース銀行 佐々木融氏)

[注目ポイント] 2年か 10年か

[為替予想]

■ 本日の戦略

本日は保有ポジションで様子見か・・・

ちょっと持ちすぎたかなぁ〜。(^^ゞ

■ 今日の米国経済指標

なし

■ その他の経済指標

10:30 豪 3月 NAB 企業景況感
10:30 豪 3月 NAB 企業信頼感
17:30 英 3月消費者物価指数
17:30 英 3月小売物価指数
17:30 英 3月生産者物価指数
18:00 ユーロ圏 2月鉱工業生産
18:00 独 4月 ZEW 景気期待指数
18:00 独 4月 ZEW 現況指数
18:00 ユーロ圏 4月 ZEW 景気期待指数
20:00 南ア 2月製造業生産

■ 気になる要人発言

26:45 米 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁の講演

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

月曜日のドル円

おはようございます。

先週の雇用統計は、先行指標である ADP雇用報告の好結果にもかかわらず、それを裏切るとんでもない数字が出ました。

非農業部門雇用者数こそしょぼい数字でしたが、失業率も良好で、平均賃金も予想値キープで、完全雇用に近づいていると考えれば何も問題ない数字なんじゃないかとも思うが・・・

金曜日のトレードは、午前中のアメリカのシリア爆撃で急に円高になったあおりで保有していたポンド円がすっ飛びました。

ほぼ底値で買いなおしたポンド円のポジションも、雇用統計で堪え切れると判断したが、あっけなく撃沈してしまいました。(^^ゞ

週明けには米中会談の結果がでてくるし、アメリカのシリア攻撃に対する評価も下り、ファンダメンタルズが読めない状況でポジシャンを持ち越してしまった。(^^ゞ

では、金曜日の結果をまとめておきます。

始値 110.821
終値 111.217
高値 111.368
安値 110.136

東京タイムは、110円台後半を堅調に推移し、111円ちょうどを付けた直後にアメリカのシリア空爆の地政学リスクで 110.13円まで急落しましたが、110.70円まで戻しました。

欧州タイムは、110円台後半でのもみあいが続き、NYタイムのイベントを前にして、値動きが次第に小さくなっていきました。

NYタイムは、米雇用統計の結果に 110.79円から 110.20円まで急落しましたが、FRB高官の発言などで 111.38円まで反発した後、111円台前半で引けました。

日足のボリンジャーバンドは右下がりのトレンドで -1σラインに抑えられて下振れしましたが、週の後半に -1σラインを上抜けてからはサポートとして機能しました。

センターラインは下向きですが、マイナスのバンドは底打ちの形です。

金曜日(4/7) の日経平均は 67.57 円の反発で、NYダウ平均は -6.85 ドルの反落でした。

■ 先週一週間のドル円

始値 111.521
終値 111.217
高値 111.592
安値 110.136

先週は約 30銭の下落で、高安は約 1.4円ありました。

週足のボリンジャーバンドは -1σラインから -2σラインへ値を落としましたが、バンドは収束しており値幅は大きくありません。

一目均均衡表では、雲の上限を少し割り込んだ形になってますが、雲の厚みが最大の箇所なので気が抜けません。^^

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

110.40円 - 111.60円 (予想は ソシエテジェネラル銀行 鈴木恭輔氏)

[注目ポイント] ユーロ上昇の可能性

[為替予想]

先週末はアメリカ軍によるシリアへの空爆、それから弱い雇用統計、それぞれ一時的に円買いが進んでますが、ただドルは底堅く、ダドリーNY連銀総裁の発言もありまして、ドル円は 111円台後半へ値を戻している状況です。

今日のところも雇用統計を一巡して通過しましたので小動きなのかなと思います。

今後はフランスの大統領選挙を控えてますから為替相場ではユーロが軸となる展開が想定されます。

今はフランスの大統領選挙、中道系独立候補のマクロンさんが当選するというのがメインシナリオになっていますが、選挙結果を見るまではユーロの上値は重く推移すると思っています。

マクロン氏が当選するとユーロは強い上昇トレンドが生まれると思います。

実は 2002年の大統領選の時なんですが、今のマリーヌ・ルペン候補のお父さんであるジャン・マリー・ルペン氏、これは極右の方だったんですが、この方とシラク元大統領が一騎打ちになったことがありました。

このときシラク氏の当選が確定した後、ユーロは約 10%も上昇したという実績がまずあります。

あと、長期的なスパンでこのユーロドルの動き方をおさらいすると、この 2002年の上昇の前のもみあいと、現在のもみ合い、実はこの 2年以上もみあいが続いているというのは非常に稀なんです。

なのでこうした大相場が特徴的なユーロドルの相場ですから、今も大相場の前、嵐の前の静けさと言えるかもしれません。

あと、少し別のアングルからユーロの今の割安、割高を見ていきたいのですが、実質実効為替レートと対ドルの購買力平価のそれぞれで見ても、ユーロが主要通貨に対して一番割安ということになっています。

年末に向けても、ECB の量的緩和の観測が出やすくなっているということで、ユーロは買われやすい地合いになってくると思います。

具体的なたー^ゲットを申し上げると、ユーロドルで 1.16、ユーロ円では 130円半ばまで上y相するということも十分視野に入ってくると思います。

■ 本日の戦略

本日は・・・

先週の火曜日(4/4)時点でのシカゴ IMM 通貨先物ポジションの推移も見ておきましょう。

通貨ペア   建玉の傾き  前週比   為替レート
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
円ドル    ショート   ↑減少   下落
ユーロドル  ショート   ↓増加   大幅下落
ポンドドル  ショート   ↑減少   横ばい
オージードル ロング    ↓減少   下落

■ 今日の米国経済指標

23:00 米 3月労働市場情勢指数

■ その他の経済指標

国際通貨基金(IMF)が世界経済見通し公表
G7外相会合(-11日)

08:50 日 2月国際収支-経常収支/貿易収支
10:30 豪 2月住宅ローン貸出
14:00 日 3月景気ウォッチャー調査・現状判断DI
14:00 日 3月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI
21:15 加 3月住宅着工件数

■ 気になる要人発言

09:00 日 黒田日銀総裁が日銀全国支店長会議であいさつ
12:05 米 ブラード米セントルイス連銀総裁の講演
29:00 米 イエレン FRB 議長の講演

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

月曜日のドル円

おはようございます。

先週末の NY タイム引け前の巻き返しの勢いはなく、ドル円もクロス円も大きく下に窓を開けて始まりました。

今夜の NYタイムまで、様子を見るつもりなんでしょうか?

日本株も先物から大きく値を下げて始まりそうです。

では、金曜日の結果をまとめておきます。

始値 110.949
終値 111.205
高値 111.487
安値 110.629

東京タイムは、111円手前から 111.48円まで堅調に推移しました。

欧州タイムから NYタイムは、111.50円は重く、軟調に転じると 111円の攻防の末 111円を割れると 110.62円まで下落しましたが、引け前に 111円を回復する急騰を見せました。

金曜日(3/24) の日経平均は 177.22 円の続伸で、NYダウ平均は -59.86 ドルの続落でした。

■ 先週一週間のドル円

始値 112.743
終値 111.205
高値 112.899
安値 110.629

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

110.40円 - 110.70円 (予想は クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司氏)

[注目ポイント] 季節性要因

[為替予想]

週末のドル円相場なんですが、アメリカ下院で予定されていたオバマケアの代替法案の採決が見送られただけでなく、まさかの撤退となったことを受けて、逆にトランプ政権が税制改革の早期に着手するとの見方が浮上しまして、ドル円は 110円台半ばから 111円台前半に値を戻して引けました。

本日は重要イベントも少なくて、週末のニュースの消化と年度末を控えた最終週ということもありまして、ドル円は 110円台後半から 111円台前半を中心に需給で振らされる相場展開を想定しています。

今後、税制改革の話が進めばドル買いになりやすいと思いますが、トランプ政権と議会の混乱が続くようであれば、税制改革の進展が市場の期待とは逆に遅れる可能性があります。

その場合、市場はトランプ政権誕生時期からの高安の半値戻しである 109円93銭を視野に入れていくと思いますので、政権と議会の動きには引き続き注意が必要です。

毎年の事なんですが、この時期になりますと、日本勢による外国に投資した資金を本国に戻る、いわゆるレパトリエーションの影響が話題となります。

過去の統計を見ると月を通して 3月は、この 10年間は 7体3でドル高になっています。

だからと言ってレパトリエーションの影響がイメージほどないというわけではありません。

3週目ぐらいまでは円買いとなることが多く、逆に最終週は 4月以降の動きを先取りする形でドル高傾向になるこのが過去のデータから見て取れます。

したがって季節性要因からは、今週はドル円が上昇する可能性があります。

■ 本日の戦略

本日は・・・

先週の火曜日(3/21)時点でのシカゴ IMM 通貨先物ポジションの推移も見ておきましょう。

通貨ペア   建玉の傾き  前週比   為替レート
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
円ドル    ショート   ↑減少   大幅下落
ユーロドル  ショート   ↑減少   大幅上昇
ポンドドル  ショート   ↓小幅増加 大幅上昇
オージードル ロング    ↑増加   大幅上昇

■ 今日の米国経済指標

23:30 米 3月ダラス連銀製造業活動指数

■ その他の経済指標

08:50 日 日銀金融政策決定会合の「主な意見」公表(3/16分)
17:00 独 3月 Ifo 景況感指数
17:00 独 3月 Ifo 景気期待指数
17:00 独 3月 Ifo 現況指数

■ 気になる要人の発言や予定

20:00 ユーロ圏 マクチ・スロバキア中銀総裁の講演
26:15 米 エバンス米シカゴ連銀総裁の講演
26:15 ユーロ圏 プラート ECB 理事が討論会に参加
31:00 豪 デベルRBA総裁補佐の講演

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。