2015年05月29日

金曜日のドル円

おはようございます。

日経平均株価が 10連騰と絶好調ですが、保有個別株が物色の対象外なのか負け越しており、全く実感がありません。

NYダウは小幅安で返ってきましたが、シカゴ 225先物はまだ東京引け値より少し上にありますので、11連騰の可能性もわずかにありそうです。^^

ドル円は 124円台半ばまで上昇し、NYタイムに麻生大臣の発言で急落しましたが、下値は買いが旺盛で軽やかに半値を戻してます。

この反動なのかユーロドルが大きく買われました。

ラガルト IMF 専務理事がギリシアに関するネガティブな発言をしてユーロドルが急落した直後だったので、大相場になりました。

寝る前に売っていたユーロドルはこの動きで飛んでしまってました。(^^ゞ

昨日はドル円とユーロドルに絞ってレンジ内でトレードし、かなり良い成績だったんですが、夜中のユーロドルのやられは余計でした。^^

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 123.678
終値 123.957
高値 124.486
安値 123.496

東京タイムは、123円台後半を堅調に推移するも、仲値を過ぎたあたりから弱含み 123.49円の安値を付けると 124.26円まで反発し、その後 123.65円まで下落し、123円台後半で引けました。

欧州タイムは、123円台半ばの水準を推移しましたが、再び 124円を捉えると 124.39円まで高値を伸ばしました。、

NYタイムは、124円台前半を底堅く推移しました。

昨日(5/28) の日経平均は +78.88円の続伸で、NYダウ平均は -36.87ドルの続落でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

123.50円 - 124.75円 (予想は 三井住友信託銀行NY 柳谷政人氏)

[注目ポイント] 米 ISM製造業と雇用統計

[為替予想]

ドル高の基調が続く中ですが、ドル円は一時 124円46銭の高値を付け、2007年の高値を更新しました。

しかし、麻生外務大臣が足元の円安進行に対しネガティブなトーンで発言したことをきっかけに下落に転じ、一時は 123円台後半へと昨日の NYのクローズレベルまで戻りましたが、夕刻前までには戻り、現在は 124円丁度前後で推移しています。

ドル円についてはマーケット参加者がレンジ相場と決め込んでいたものが、特段の材料が無いまま想定外に早く上昇してしまったため、当初の偏りは大きくないものと考えていますが、一時的に流動性は細っており、神経質な続くものと動きが想定されます。

本日は月末でもある為、輸出企業から円買いの持ち込みも予想されますが、買い遅れた参加者も多いため下値は限定的にとどまるものと考えています。

引き続き米国の経済指標に注目です。

地区連銀のサーベイを眺めますと、足元では依然として製造業のセンチメントに改善されないものが付いています。

このような状況ですので、来週 6月1日に発表される ISM製造業景気指数が予想を大きく下回った場合、4-6月期の政情にも疑問符が付き始めますので要注意です。

また 6月5日には雇用統計が発表されますが、金融政策を予想する上で重要なデータですので引き続き注目です。

こちらも市場予想を大きく下回ってしまった場合には 9月の利上げのシナリオが大きく超えてしまいますので要注意です。

足元ではドル高のトレンドに回帰したように見える為替市場ですが、このトレンドが継続できるかどうかは全て米国経済次第ですので、これ以外の指標にも注意してみる事が重要だと考えています。

[本日の戦略]

本日のプランは特に思い浮かばないのですが、今朝 6時のユーロドルの急な買い上げに飛びついて売ってしまいました。^^

ユーロドルを買ってやろうと言う気持ちが全く無いので、調整で上昇するのに殺られるパターンかもしれません。(^^ゞ

■ 今日の米国経済指標

21:30 米 1四半期 GDP・改定値
21:30 米 1四半期個人消費・改定値
21:30 米 1四半期 GDP デフレーター・改定値
21:30 米 1四半期コア PCE デフレーター・改定値
22:45 米 5月シカゴ購買部協会景気指数
23:00 米 5月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値

■ その他の経済指標

G7 財務相・中央銀行総裁会議(27日-)
日・EU定期首脳協議
独立国家共同体(CIS)首相会議

07:45 NZ 4月住宅建設許可
08:05 英 5月 GfK 消費者信頼感
08:30 日 4月全国消費者物価指数
08:30 日 5月東京都区部消費者物価指数
08:30 日 4月失業率/有効求人倍率
08:50 日 4月鉱工業生産・速報値
10:00 NZ 5月 ANZ 企業信頼感
10:00 NZ 5月 ANZ 企業活動見通し
14:45 スイス1四半期 GDP
17:00 伊 1四半期 GDP・確報値
17:30 英 1四半期 GDP・改定値
18:00 ユーロ圏 ギリシャ1四半期 GDP・確報値
21:00 南ア 4月貿易収支
21:30 加 1四半期 GDP
21:30 加 3月 GDP

■ 気になる要人発言

07:30 豪 エディRBA総裁補佐が討論会に参加

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

木曜日のドル円

おはようございます。

ドル円が 124円を付け、NYダウもプラスで返ってきました。

日経平均株価は 9連騰で、バブル崩壊後の 8連騰記録を抜く可能性が出てきました。

シカゴ 225 先物も昨日の日経平均株価の引け値より 200円近く高く、寄付きから高値を攻めるでしょう。^^

昨日のトレードは、オージー円とユーロドルの買いから入りましたが、予想通りの展開でした。^^

ユーロドルは欧州タイムから大きく売られましたが、NYタイムからの反発も大きかったなぁ〜。

やられる前に手仕舞いしといて良かったよ。

欧州、NYタイムはドル円にも手を広げて、オージー円、ユーロドルの 3点売買で回転させてましたが、ほぼ予想通りの値動きで、気持ちよく取れました。^^
夜中に 124円のドル円売りもついてたし。^^

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 123.123
終値 123.684
高値 124.094
安値 122.779

東京タイムは、午前中に 123.313円の高値を付けた後、軟調に推移して引けにかけて 122.78円まで下落しました。

欧州タイムは、ドル買い円安が進み 123.67閻魔dえ上昇しました。

NYタイムは、123円台後半を推移し、高値を 123.78円まで引き上げました。午後になると 124円を試し、一時 124.09を付けた後 123円台後半へ押し戻されて引けました。

昨日(5/27) の日経平均は +35.10円の反発で、NYダウ平均も +121.45ドルの続伸でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

123.40円 - 124.60円(予想は ソシエテジェネラル銀行 鈴木恭輔氏)

[注目ポイント] 通貨オプションの需給環境

[為替予想]

昨日は特に手掛かりは無かったんですが、やはり先週のイエレン FRB議長の発言をきっかけにドル高相場が進行している状況でして、ドル円も 124円台にワンタッチするという展開になってます。

今日はアメリカの指標で新規失業保険申請件数、それから中古住宅販売と言うところが控えており、これらで強い数字が出ればドル高が素直に進行すると考えられるんですが、ただ明日は GDP 改定値の公表が控えてますので値幅はやや限定的になると思います。

今週のドル円の急激な上げから、海外の投資家のドル円の取引きが非常に活発になっており、時に通貨オプションの取引なんかも旺盛になってまして、ドル円の通貨オプション 1年物のチャートでドル・コールが割高かドル・プットが割高かを見ますと、コールが割高、つまり「ドルを買う権利」を買う取引が活発になっている事を示してます。

直近の割高感のレベルを今週のドル円の上げで上抜けてしまったと言う状況からも、今市場、つまりオプション・マーケットはドル高目線で見ていることが推察されます。

今後、来週にかけて節目として見られている 125円という大台も雇用統計に向けてトライする可能性は高いと思います。

[本日の戦略]

本日は、朝からドル円買い、オージー円売り、ユーロドル売り、ポンド円売りと欲張ってみましたが、どうなるかなぁ〜。^^

■ 今日の米国経済指標

21:30 米 新規失業保険申請件数
23:00 米 4月中古住宅販売保留件数指数
24:00 米 週間原油在庫

■ その他の経済指標

G7 財務相・中央銀行総裁会議(27-29日)

08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況
16:00 ユーロ圏 スペイン1四半期 GDP・確報値
17:00 南ア 4月生産者物価指数
18:00 ユーロ圏 5月経済信頼感
18:00 ユーロ圏 5月消費者信頼感・確報値
21:30 加 1四半期経常収支

■ 気になる要人発言

ユーロ圏 ツィプラス・ギリシャ首相、ダイセルブルーム・ユーログループ議長が欧州議会に出席
15:20 米 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁の講演
18:15 ユーロ圏 ノボトニー・オーストリア中銀総裁の講演
27:45 米 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁の講演
31:00 加 マックレム BOC 上級副総裁の講演

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

水曜日のドル円

おはようございます。

ドル円の急上昇で NYダウはマイナスで返ってきました。

日経平均株価は 8連騰しており、本日もプラスだと、去年の8月以来でバブル崩壊後の記録の 9連騰に並ぶので見ものです。^^

何とな〜く、今日の所は微増で終わりそうな気もするが、TPP 交渉を前にして円安の進み過ぎ感は拭えないので、要人の発言などでドル円の上値が抑えられると、株価の下落もありえるのかな、^^

昨日のトレードは、ドル円もオージー円も押し目を拾う事ができず、年初来高値をあっさりクリアすると、大きく上昇して置いてきぼりになりました。(^^ゞ

NYタイムに発表された経済指標の良好な結果で 123円の大台に乗せてきたドル円を売ってみましたが、弱含んで利が乗ったのは最初だけで、上昇の勢いは止まらず 123.30円付近のストップで撤退しました。

それでもこれはもしかすると高値じゃないかと思い、123.20円から売りを再開し、122円台へ押し戻された所で利食いし、負け分を取り返しました。^^

昨夜は、その後、ユーロドルを 1.0877ドルで買って、10.89ドルで利食いしてから気持ちよくぐっすりと寝ました。^^

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 121.584
終値 123.126
高値 123.323
安値 121.536

東京タイムは、121円台半ばの水準から堅調に推移し、押し目を作らず 121.89円まで上昇し、高値引けとなりました。

欧州タイムは、122円を上抜けると 122円台半ばまで急伸し、更に上昇して 122.87円の高値を付けた後、利益確定からか 122円台半ばまで押し戻されました。

NYタイムは、良好な指標の結果に 123円を上抜けると 123.32円の高値を付け、その後の指標の予想比下ブレで 122円台へ押し戻されましたが、123円台へ乗せて引けました。

昨日(5/26) の日経平均は +23.71円の続伸で、NYダウ平均は -190.48ドルの反落でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

122.60円 - 123.60円(予想は 新生銀行 政井貴子氏)

[注目ポイント] ドル/円 新レンジの上値探し

[為替予想]

昨晩の海外市場は、月曜日の休みの間のイエレン FRB議長らの発言と予想を上回る昨晩の米国指標とでドル全面高ですね。

ドル円でも一気に上値を取りに行った感じで、最後は下落した米株を見て、高値から少し値落ちして終了しています。

そもそも環境的にはドル高地合いが整う中、日米双方の当局者の思惑が、市場の懸念材料の一つだったと思うんですが、昨日円安が進んだ折に菅官房長官から一段の円安を許容したとも思われる発言に代表されるようなこのところの動きに、円安進展に GO サインが出たと市場が受け止めたかなとも思ってます。

日中は株価、それから東京時間の発言に気を払いつつ、一旦は下値の堅さを確かめる展開かなと思ってます。

ドル円は持合いを上抜けていまして、相場としてはまだ若いと思ってます。

基本的には新たなレンジの上限がどこなのかを探る展開が続くと思ってまして、材料的にはアメリカの GDP 改定値の下方修正は織り込み済みで、一方日本側の月末にかけた指標が弱ければ一層ドル高を探る展開を見込んでいます。

来週末の雇用統計に向けて、122円台後半を足場に当面は 124円程度が目途。そして雇用統計次第で最終的な目途である 126円50銭近辺まで一気に進むかどうかに注目してます。

[本日の戦略]

本日は、既に買っちゃいましたが、ドル円の足踏みを期待して、オージー円とユーロドルの反発にかけてみたいと思います。

ドル円が更に上値をトライするようなら、潔く撤退します。^^

■ 今日の米国経済指標

20:00 米 MBA 住宅ローン申請指数

■ その他の経済指標

G7 財務相・中央銀行総裁会議(-29日)
日 5月月例経済報告

08:50 日 日銀・金融政策決定会合議事要旨公表
15:00 独 6月 GfK 消費者信頼感
15:45 仏 5月消費者信頼感指数
23:00 加 BOC が政策金利発表および金融政策報告公表 [0.75%に据置き]

■ 気になる要人発言

09:10 米 ラッカー米リッチモンド連銀総裁が討論会に参加
09:45 豪 ロウ RBA副総裁(総裁補佐)の講演
10:30 日 岩田日銀副総裁が札幌市金融経済懇談会で挨拶

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

火曜日のドル円

おはようございます。

昨日は東京市場の引け前に関東圏で大きな地震があり、ちょっと怖かったんですが、特に被害も無く、ひとまず収まってよかったです。

日本株は堅調でしたが、ドル円の動意にはつながらなかったようです。

まぁ、ここは底堅く推移していると見るべきかもしれません。^^

LDN、NY 両市場も休場だったので、夜から今朝にかけても大きな動きは無かったみたいです。

保有していたドル円とオージー円は午前中に一旦手じまいして、どこかで買い直すつもりでいましたが、ドル円もオージー円も仕掛けていた水準まで押し目がきてくれませんでした。(^^ゞ

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 121.524
終値 121.570
高値 121.780
安値 121.450

東京タイムは、先週の NY引けの水準を引き継いだ形で始まり、株価が東京市場の寄付きから高く付くとドル円は 122.78円まで上昇し、小幅な推移に終始しました。

欧州タイムから NYタイムにかけては、122.50円を挟んだ更に狭いレンジを推移して引けました。

昨日(5/25) の日経平均は +149.36円の続伸で、NY市場は休場だったので NYダウ平均は先週の -53.72ドルの続落のままです。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

121.00円 - 122.00円 (予想は シティーバンク銀行 尾河眞樹氏)

[注目ポイント] ドル円はレンジ相場が続く

[為替予想]

海外がお休みだったので値動きは乏しかったと思いますが、先週からのイエレンさんとかフィッシャーさんの発言を受けて、ちょっとドル円が堅調という流れだったと思います。

正直言って、思ってたよりも早いタイミングで 121円に乗せてきたなと言うイメージはあるんですが、これまでドルの上値を抑えてきた要因は 3つほどあると思います。

一つはアメリカの経済指標がちょっと弱かったと言うところで、それによって利上げ期待と言うのがだいぶ後退してきていて、来年なんじゃないかと言う見方まで出てきていました。

あとは TPP などの政治要因と言うところがあると思うんですが、まず 1点目は先週から出てきている経済指標で住宅とか消費者物価とかそういうものが改善してきています。

利上げ期待についてもイエレンさんの発言等で、年内にあるんだなと言う雰囲気になってきたので、この 2つについてはだいぶ霧が晴れてきたかなと言う感じです。

3つ目の政治要因ですが、TPPに対して非常に重要な TPA法案と言うのがありまして、アメリカの上院で可決してるんですが、6月からは下院で審議が始まり難航しそうです。

ただ審議している間に急激に円安が進んでしまいますと、やっぱり円安はけしからんと言う話になりかねなくて、可決がだいぶ遅れたりする可能性も出てきますので、政府としては、今あまり急激に円安が向かうのは良くないかなという感じが市場にもなんとなく伝わっており、思惑でドル円の上値が抑えやすいっと言うのがあると思います。

年初来高値の 122円04銭を超えて行くのはちょっと時間がかかるかなと思います。

[本日の戦略]

本日はノーポジですが、押し目があればドル円とオージー円を買ってみたいです。

今夜はアメリカの経済指標がまとめて発表されますが、こういう時は焦点がぼやけてしまい、あまり大きな動意は期待できないですね。

ただ、市場予想を上回る結果だと、待ってましたとばかりに買いが入りやすい地合いでもあります。^^

■ 今日の米国経済指標

21:30 米 4月耐久財受注
21:30 米 4月耐久財受注(除輸送用機器)
22:00 米 3月住宅価格指数
22:00 米 3月 S&P /ケースシラー住宅価格指数
22:45 米 5月マークイット総合 PMI・速報値
22:45 米 5月マークイットサービス業 PMI・速報値
23:00 米 4月新築住宅販売件数
23:00 米 5月消費者信頼感指数
23:00 米 5月リッチモンド連銀製造業指数
23:30 米 5月ダラス連銀製造業活動指数

■ その他の経済指標

07:45 NZ 4月貿易収支
18:30 南ア 1四半期 GDP
19:00 英 5月 CBI 流通取引調査

■ 気になる要人発言

17:30 ユーロ圏 ビスコ伊中銀総裁が伊中銀の年次会合で発言
24:30 ユーロ圏 ヤンソン・スウェーデン中銀副総裁の講演
25:30 米 フィッシャー FRB 副議長の講演

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

月曜日のドル円

おはようございます。

火曜日の米住宅指標が良好な結果でドル買いに勢いがつきましたが、その後の経済指標が冴えない結果で勢いに水を差すような展開が続いていましたが、金曜日の消費者物価指数の強い結果に再びドル買いが進み、ドル円は 121.50円を越えてきました。

弱い結果に反応せず、強い結果を待っているようにも見えます。^^

ドル円は先週だけで 2円以上も上昇しており、持合い相場がいよいよブレイクしそうな気配です。

金曜日のトレードは、1.11ドル台後半から売り上がりましたが、1.12ドルを突破してもうダメかもと思っていたところ勢いが止まって反落し始め、ストップを回避できました。

やれやれと言う思いだったので、うまい具合に入った 1.115ドル付近までの下押しで、ほとんどのユーロドル・ポジションを利食いしてしまいました。

残ったポジションも、一旦 1.118ドルまで反発した後の反落で利食いしました。

しかし聞いてよね〜。

最後のユーロドルを手仕舞いして 5分も経たない間に 1.111ドルまで急落してしまいました。

ずぅ〜っと我慢してきたのに、こんなヒドイ仕打ちアル〜?

これで終わらず、更に 1.100ドルまで下落してそのまま引けましたよ。

なんか、利食いはできたけど勝った感じが全くせず、大敗した気分です。(^^ゞ

おもんないなぁ〜。

ドル円は 3月10日に付けた 122.04円の年初来高値を取りに行く勢いが感じられたので、NYタイムに 121.40円台の武値で買いましたが、引け動意づくことはありませんでした。

では、金曜日の結果をまとめておきます。

始値 121.057
終値 121.554
高値 121.583
安値 120.644

東京タイムは、121.10円を高値として軟調に推移し、120.71円まで下落しました。

欧州タイムは、120,64円を安値に反発して 121円まで戻してきました。

NYタイムは、強い米指標の結果でドルが買われ、ドル円は 121.56円まで急伸し、その後も 121.50円を挟んだ狭いレンジを推移して引けました。

日足のボリンジャーバンドはセンターラインの下から +3σラインまで上昇し、一旦 +1σラインまで下押ししましたが、終盤に長い下ヒゲを残して +2σラインを上抜けてきました。

センターラインは上を向き、バンド幅も広がってきました。

また、日足の一目均衡表は雲の上限を上抜けして、大きく離れて行きました。

金曜日(5/22) の日経平均は +61.54円の続伸で、NYダウ平均は -53.72ドルの続落でした。

■ 先週一週間のドル円

始値 119.352
終値 121.554
高値 121.583
安値 119.315

先週はほぼ一方向のトレンドでしたので、約2円以上の上昇で、高安も約 2円程ありました。

週足のボリンジャーバンドはセンターラインから +1σラインまでヒゲの無い陽線で引け、バンド幅が若干広がる気配を見せています。

一目均均衡表では、基準線から転換線を突き抜けて大柱の陽線を築きました。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

121.10円 - 122.04円 (予想は 三菱UFJ信託銀行 藤島雄介氏)

[注目ポイント] 円のポジション状況

[為替予想]

アメリカ 4月消費者物価のコア指数が市場予想を上回った事や、イエレン FRB議長が年内の利上げ見通しを示したことで、ドルは主要通貨に対して全面高の展開となり、ドル円は一時 121円57銭まで上昇しています。

本日のドル円は 3月に付けた年初来高値の 122円04銭を伺う展開を予想しており、テクニカル面でもきれいに上抜けており底堅い動きは継続すると見ていますが、年初来高値を前に 122円点前では売りが集中すると予想されますので、一旦は抵抗帯となりそうです。

また、本日のロンドン、ニューヨーク市場は休日となりますので、海外時間は動意に欠ける展開が見込まれます。

投機筋の円売りポジションは、年初から 4分の1程度まで縮小している一方、ドル円hあ堅調地合いが継続してますが、これは本邦投資家の外貨シフトが円売りをサポートしている為と思われ、4月の対外証券投資では、積極的な外国証券投資が観測されました。

為替への影響が大きいとされる生命保険会社は本年 1月以来の取得超、また信託銀行や投資信託の対外投資からの対外フローも継続しています。

円のポジション状況からは円買いよりも円売り余地の方が大きいと考えられ、円高方向への大幅な調整は想定しづらく本邦投資家によるドル円下支えの動きが投機筋の円売りポジション再構築につながるかどうか注目しています。

[本日の戦略]

本日は香港市場、ロンドン市場、チューリッヒ市場、NY市場が休場です。

東京時間以外は市場参加者が少なくなるので注意です。

材料は東京タイムの株価ぐらいなので、ドル円の高値トライは期待できそうにないですね。^^

先週からドル円とオージー円の保有ポジションを微益のまま持ち越しているので、こちらのケアをしながら様子見しま〜す。^^

ドル円はもちっと買ってみようかな。^^

先週の火曜日(5/19)時点でのシカゴ IMM 通貨先物ポジションの推移も見ておきましょう。

通貨ペア   建玉の傾き  前週比   為替レート
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
円ドル    ショート   ↑減少   上昇
ユーロドル  ショート   ↑減少   下落
ポンドドル  ショート   ↑減少   大幅下落
オージードル ロング    ↑増加   下落

■ 今日の米国経済指標

なし

■ その他の経済指標

アフリカ開発銀行(AfDB)年次総会(-29日)

08:50 日 4月貿易収支
14:00 日 5月日銀金融経済月報の公表

■ 気になる要人の発言や予定

22:10 米 メスター米クリーブランド連銀総裁の講演
24:00 米 フィッシャー FRB 副議長の講演

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。