2015年08月31日

月曜日のドル円

おはようございます。

日米株は急落からの戻しが継続してますが、NYダウは戻りが止まりました。

日経平均は、先々週から先週の月曜日までの下落からの戻りが 47.3%戻しになりました。

株価指数 先週の下落 今週の上昇 戻し%
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日経平均 2,813.56円 1,329.62円 47.3%
NYダウ  1,878.74$ 976.57$  52.0%

週末にジャクソンホールのシンポジウムがあり、要人の発言が注目されます。

金曜日の NYタイムの引け前 10分でドル円とユーロ円とオージー円は 40銭も上昇し、ポンド円は 50銭も上昇しましたが、保有していたユーロドルのショートは早めに手仕舞いし、オージー円のロングは両建てで利益温存策をとりました。^^

ドル円ショートは業者のクローズの方が早かったのでポジションは生き残っており、月曜日の方向が気になります。

結局、先週は月曜日のマイナス分を半分しか取り返せませんでした。(^^ゞ

では、金曜日の結果をまとめておきます。

始値 121.044
終値 121.461
高値 121.556
安値 120.653

東京タイムは、121円台前半の狭い範囲をもみ合って推移し、株式市場の寄付き後に 120.93円まで弱含みましたが121.31円まで反発して高値を更新しましたが、その後は軟調な動きで 120.87円まで弱含み、121円に戻して引けました。

欧州タイムは、121.20円を高値に120.65円まで下落しました。

NYタイムは、120円台後半での見揉みあい後、良好な指標の結果で堅調になり 121.55円を付けると高値圏のまま推移して引けました。

日足のボリンジャーバンドは -2σラインからの急落で -3σをもオーバーシュートしましたが、金曜日には -1σラインまで戻してきました。

センターラインは月曜日の急落から下向きに変化し、バンド幅は拡大した後 +3σラインは下向きに変化してきました。

また、日足の一目均衡表は月曜日に雲のネジレから大きく反落し、火曜日から今週の下落分をほぼ戻しています。

金曜日(8/28) の日経平均は +561.88円の大幅反発で、NYダウ平均は -11.76ドルの続落でした。

■ 先週一週間のドル円

始値 121.930
終値 121.461
高値 122.042
安値 116.142

先週は約 50銭の下落で終わりましたが、高安は約 6円もありました。

週足のボリンジャーバンドはセンターラインから大幅に下落して -3σラインでサポートされ、センターライン近くまで戻し、長いヒゲを残しました。

一目均均衡表でも、基準線から大幅下落して、雲の上限でピッタリと止まってます。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

121.20円 - 122.20円 (予想は クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司氏)

[注目ポイント] ちゅごく市場と米雇用統計

[為替予想]

週末の為替市場は FRB のフィッシャー副議長が CNBC とのインタビューで 9月の利上げに踏み切るかどうかは今後の経済指標次第と述べて、9月の利上げを排除しなかったことから直近の社会的な金融市場の紺来で後退していた早期の利上げ説が再び意識されまして、ドルが全般的に買い戻されてドル円は 121円76銭まで上昇しました。

そのため本日はドルが買い戻されやすく、ドル円は先週の急落前の 122円台を回復する可能性があると考えています。

ジャクソンホールでのフィッシャー副議長は講演の中で、中国経済の動向をいつも以上に注視していると発言しています。

その中国市場ですが、今週は 9月3日に中国政府の威信をかけた政治イベントを控えていますので、資金供給を潤沢にするなど全力で市場の安定化に向けた対策を講じてくることが予想されます。

もちろん問題の根本解決になるわけではありませんが、短期的には先週のような混乱は起こりにくいと言う事を考えています。

またアメリカの雇用統計ですが、強い数字が出る場合、9月や10月の利上げが意識される事になると思います。

加えて直近の金融市場の混乱で日銀の追加緩和や政府に対する補正予算への期待も市場では出てきていますので、ドル円は意外に早く堅調地合いに戻る可能性があると考えています。

[本日の戦略]

本日はロンドン市場が休場です。

先週の火曜日(8/25)時点でのシカゴ IMM 通貨先物ポジションの推移も見ておきましょう。

ご丼時のとおり、大荒れです。^^

通貨ペア   建玉の傾き  前週比   為替レート
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
円ドル    ショート   ↑大幅減少 大幅下落
ユーロドル  ショート   ↑大幅減少 大幅上昇
ポンドドル  ロング    ↑増加   小幅上昇
オージードル ショート   ↓増加   大幅下落

■ 今日の米国経済指標

22:45 米 8月シカゴ購買部協会景気指数
23:30 米 8月ダラス連銀製造業活動指数

■ その他の経済指標

07:45 NZ 7月住宅建設許可
08:50 日 7月鉱工業生産・速報値
10:00 NZ 8月 ANZ 企業信頼感
10:00 NZ 8月 ANZ 企業活動見通し
18:00 ユーロ圏 8月消費者物価指数
21:00 南ア 7月貿易収支
21:30 加 2四半期経常収支

■ 気になる要人の発言や予定

なし

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

金曜日のドル円

おはようございます。

日米株価は戻りに入ってきました。

特に NYダウの戻りは順調で、先週の 1878ドルの下げ分に対して今朝までに 52.6%を戻しました。

株価指数 先週の下落 今週の上昇 戻し%
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日経平均 2,813.56円 767.74円  27.3%
NYダウ  1,878.74$ 988.33$  52.6%

日経平均株価の戻りはゆっくりですが、本日はシカゴ 225先物の水準の 19,000円からスタートすれば、それで 42%戻し、575円上昇で 19575円まで 1000円上昇すれば 62.8%戻しとなります。^^

昨日のトレードは、オージー円を刻みながら買って収益を上げ、ユーロドルの戻り売りと押し目買いを 1.12ドル台のレンジ内で回転させてました。

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 119.977
終値 121.035
高値 121.402
安値 119.797

東京タイムは、120円台前半を堅調に推移して 120.37円の高値を付けると 120円を挟んだ揉みあい相場になり 120円手前の水準で引けました。

欧州タイムは、上海株がプラスで引けるのを確認すると堅調となり、120.55円まで高値を更新して 120円台前半での揉みあい相場となりました。

NYタイムは、強い GDP改定値の結果に 121.40円まで上昇した後 120.54円まで大きく反落しましたが 121円まで戻して引けました。

昨日(8/27) の日経平均は +197.61円の続伸で、NYダウ平均も +369.26ドルの大幅続伸でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

120.00円 - 122.00円 (予想は 三井住友信託銀行NY 海崎康宏氏)

[注目ポイント] ジャクソンホールシンポジウム

[為替予想]

GDP改定値の上方修正や良好な労働指標を受けて、ドルは主要通貨に対して強含みドル円は一時 121円40銭まで上昇する場面がありました。

黒田総裁は今週の講演で 2%の物価目標達成は現状の政策で達成可能と発言していますが、本日発表される 7月のコア消費者物価指数はマイナス 0.2%程度が予想されており注目しています。

週末にかけて開催されるジャクソンホールシンポジウムでの要人発言に注目しています。

中でもフィッシャーFRB副議長は「アメリカのインフレ動向」と題して講演する事となっています。

足元の資源価格の低迷やアメリカの賃金指標の伸び悩みなどを考慮すると、インフレリスクは低く利上げは急がないと言うスタンスが予想され、株価等のリスクセンチメント回復にはサポート材料となりそうです。

一方中国株や商品市場に目を向けると、他市場に比べて戻りが鈍く、今しばらくは各市場で値動きが激しい状況が続くかもしれません。

しかしながら来月の雇用統計に向けてマーケットは再びアメリカ経済および金融政策を意識する時間帯になってきますのでドルは再び堅調さを取り戻すのではないかと思っています。

[本日の戦略]

本日は株価の戻りを見込んでドル円やクロス円でエントリーしたいところですが、すでに上昇し始めており、まずは株式市場の寄付き前の調整か寄付き直後に弱含む動きがあればエントリーしたいと思います。

■ 今日の米国経済指標

21:30 米 7月個人所得
21:30 米 7月個人消費支出
21:30 米 7月コア PCE デフレーター
23:00 米 8月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値

■ その他の経済指標

カンザスシティ連銀経済シンポジウム(ジャクソンホール 27-29日)
08:05 英 8月 GfK 消費者信頼感
08:30 日 7月失業率/有効求人倍率
08:30 日 7月全国消費者物価指数
08:30 日 8月東京都区部消費者物価指数
14:45 スイス2四半期 GDP
17:30 英 2四半期 GDP・改定値
18:00 ユーロ圏 8月経済信頼感
18:00 ユーロ圏 8月消費者信頼感・確報値
18:00 ユーロ圏 ギリシャ2四半期 GDP・確報値
21:00 独 8月消費者物価指数・速報値

8/29(土)ジャクソンホールシンポジウム

■ 気になる要人発言

8/29(土)25:25 米 フィッシャー FRB 副議長、挨拶

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

木曜日のドル円

おはようございます。

世界同時株安の不安感はいったん落ち着いたかに見えます。

市場の注目が中国からそれればしめたもので、本日の中国株が軟調でも影響は限定的になると思います。

昨日のトレードは、保有していたユーロドルのショートを NYタイム序盤に 1.13ドル大前半でバッサリと手じまいしました。(その後 1.12ドル台に入ってから反転しました・・・)

その後はオージー円に乗り換えたんですが、買い下がる展開になり、84.20円台を買って最後にしたら、今朝までに 1円強も上昇してました。^^

スワップはあきらめて、6時の業者のメンテが入る前に手仕舞いしましたが、切り替え後は、更に上に窓を開けて 40銭程上昇し、ありゃりゃ〜?

です。(^^ゞ

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 118.868
終値 119.951
高値 120.033
安値 118.458

東京タイムは、119円台半ばから 118.45円まで急落した後、株式市場が底堅いのを確認すると 119.83円まで揉みあいながら上昇しました。

欧州タイムは、119円台半ばの水準をもみ合って推移しました。

NYタイムは、序盤に 119.91円まで上昇し、日中高値を更新しましたが、利上げ後退発言で 118.92円まで反落しました。午後は米株価に支えられ 120円まで上昇し、手前の水準で引けました。

昨日(8/26) の日経平均は +570.13円の大幅反発で、NYダウ平均も +619.07ドルの大幅続伸でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

119.00円 - 121.00円 (予想は ブラウンブラザーズハリマン 伊庭剛氏)

[注目ポイント] 米 景気と利上げ観測

[為替予想]

相変わらず荒っぽい値動きとなる中で、海外市場後半は株式相場の上昇等もありまして、対主要通貨でドルが堅調となる一方、新興国通貨も値を戻す展開となっております。

本日のアジア時間もこの流れを引き継ぎ、ドル円はこじっかりとした流れを予想しております。

今回の市場混乱の象徴とも言えますアジアの新興国通貨のここ 2、3日ばかりの値動きを見る限り、すでに急落局面から落ち着きどころを探すような値動きへと変化が見られています。

また値動きは依然として荒いですが、下げ止まったら買いたい、或いは底値を拾いたいとの思惑が案外強く、それぞれのマーケットでの下支え要因となっていると見ています。

マーケットの目が再びアメリカ経済およびアメリカの利上げを巡る議論に戻ってくることが為替相場反転のきっかけになると見ています。

中国経済や世界同時株安といった環境もですね、それが短期的であればですね、それが直接 FRB の政策判断に影響を与えるものではなく、あくまでアメリカ固有の材料が決め手となるはずです。

このところ 9月の利上げ観測がやや停滞している中で、今夜の GDP 改定値や週末の FRB 高官発言などが、逆に本格的なドル反転へのきっかけになるのではないかと見ています。

ドル円のチャートを見ますと、これまでの支持線が今度は抵抗線に変わるとすれば、120円ー121円のゾーンは一旦重くなると予想されるんですが、先ほど申し上げました材料などをきっかけに、こうした水準を超えて行く展開となれば、今度は逆にあっさりと高値圏のトライの可能性が出てくるのかと言う風に見ています。

[本日の戦略]

本日は、もうちょっとオージー円を試してみたいと思います。

小ロットで保有したままの分もあるし・・・ ^^

■ 今日の米国経済指標

21:30 米 2四半期 GDP・改定値
21:30 米 2四半期個人消費・改定値
21:30 米 2四半期 GDP デフレーター・改定値
21:30 米 2四半期コア PCE デフレーター・改定値
21:30 米 新規失業保険申請件数
23:00 米 7月中古住宅販売保留件数指数

■ その他の経済指標

カンザスシティ連銀 経済シンポジウム(ジャクソンホール -29日)
08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況
15:00 英 8月ネーションワイド住宅価格
15:45 仏 8月企業景況感
16:00 ユーロ圏 スペイン2四半期 GDP・確報値
18:30 南ア 7月生産者物価指数
20:00 ユーロ圏 クーレ ECB 理事の講演

■ 気になる要人発言

なし

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

水曜日のドル円

おはようございます。

為替は経済指標には反応せず、株価の乱高下に振りまわされており、株価との相関が高くなっています。

昨日の日本株は寄り後の大幅マイナスから 1000円の上昇を見せましたが、引けにかけて上げ幅を全て吐き出してマイナスで引けました。

中国株はマイナスで引けましたが、中国から発信された緩和策が好感され欧州株は上昇しました。

米株も大幅上昇で寄り付いたのですが、引けにかけて反転しマイナスで返ってきました。

日米の株価指数の動きが似ているのですが、一時的な戻りを利用して投げた感がします。^^

やはり今日の中国株価を確認するまで、心理的な不安は解消方向に向かいそうにないです。

昨日のトレードは、ユーロドルが大きく下げてくれましたが、NY株の反落でドルが売られ、ユーロドルは大きく戻されてしまいました。(^^ゞ

オージー円も大きく上昇していたんですが、NYタイムに大きく反落して利益を削りました。

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 118.426
終値 118.196
高値 120.398
安値 118.259

東京タイムは、118円台半ばから堅調に推移し、株式市場の寄り前に 119円台に乗せ、午前中に 120.11円まで上昇しましたが、午後は軟調になり 118.88円まで反落しました。

欧州タイムは、再び堅調な値動きとなり揉みあいながら 120円台に乗せ 120.39円まで高値を更新しました。

NYタイムは、119円台後半をもみ合って推移しましたが、午後に米株と共に失速し 118.61円まで反落しました。119円台半ばまで戻しましたが 119円台前半の揉み合いの末引けました。

昨日(8/25) の日経平均は -733.98円の大幅続落で、NYダウ平均も -204.91ドルの大幅続落でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

118.00円 - 119.75円 (予想は 三菱UFJモルガンスタンレー証券 植野大作氏)

[注目ポイント] 世界株安 連鎖の持続性

[為替予想]

"昨晩はロンドン市場で中国の追加緩和が好感されて 120台まで上昇しましたが、NY市場で米国株がマイナス圏に失速すると 118円台に押し戻されました。

上海株は 7月の急落騒ぎが一旦収束し、油断していた矢先の暴落だったので、市場が受けた心理的ダメージは大きいです。

今月は人民元切り下げや天津大爆発などもあったので、市場の注目ネタに対する感応度が高まっています。

昨日は中国の金融緩和が好感されましたが、今回これだけのショックに見舞われたので市場は直ぐに株高円安の心理状態に戻りにくいと思います。

今後、株高円安の基調に、私は戻る事が出来ると思ってます。

テクニカル面ではこの先原油が現状程度の水準を維持できれば、11月ごろまで前年割れの雲の中には突入しませんので 52週移動平均線で見た長期トレンドは右肩上がりの形をキープできます。

アメリカ経済は回復基調を維持している為、株価さえ落ち着けばいづれ FRB は利上げを開始し、円安ドル高になりそうです。

問題は株価なんですが、ここ数週間の下げはアメリカや日本の景気実態や企業業績に照らして行き過ぎだと思います。

日米欧の 3大中銀の保有資産を見ても、アメリカは資産売却を行わず、日欧の量的緩和は続くため、境的な過剰流動性はまだ膨張中です。

株式市場が冷静になって異常な暴落連鎖が一巡すれば緩やかな円安基調が復活すると考えています。"

[本日の戦略]

本日は・・・

わからん。中国株次第?

■ 今日の米国経済指標

なし

■ その他の経済指標

07:45 NZ 7月貿易収支
19:00 英 8月 CBI 流通取引調査
19:40 ユーロ圏 プラート ECB 理事の講演
20:00 米 MBA 住宅ローン申請指数
21:30 米 7月耐久財受注
21:30 米 7月耐久財受注(除輸送用機器)
23:00 米 ダドリーNY連銀総裁の会見
23:30 米 週間原油在庫

■ 気になる要人発言

なし

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

火曜日のドル円

おはようございます。

なんじゃこりぁ〜。

株式の下げもえげつないが、為替の反応も醜すぎます。

どうも市場の動きが拙速すぎて、今後の展開を予想しても、1日に一気にやっつけてしまってる感があり、市場参加者の質が今風にかわりつつあるのか、それとも人間以外の仕業なのかよく分かりません。

しかし、こんだけ下げたら上げやすくなるんじゃない。^^

下の怖さも薄れてくるし・・・

と言う楽観的な見方もできるんじゃない?

昨日のトレードは、思いっきり巻き込まれて、参戦しなかったらよかった〜って感じです。(^^ゞ

結果的には、多少滑ったけどオージー円はストップに救われました。

レートの動きが早かったので確信はもて無いが、急落後の 82円台を叩いた時は跳ね返されました。

再度叩こうとした時は 83円台前半まで上昇し、スプレッドは 50銭くらい開いていたので止めました。^^

ユーロドルは 1.17ドルからの折り返しでスプレッドも狭かったので売ったら 1.165ドルでした。

その後の反発を見たらオージー円にしときゃよかったかな。^^;

一応、94円台を少しだけ買いました。^^

では、昨日の結果をまとめておきます。

始値 121.930
終値 118.434
高値 122.042
安値 116.142

東京タイムは、白に窓を開けて 122円手前からスタートしましたが、122.04円を高値に軟調に推移して 120.73円まで下落し、121円台前半に戻して引けました。

欧州タイムは、軟調な流れが変わらず 120.05円まで下値を切り下げました。

NYタイムは、120円を割れて 119.54円まで下落すると 120.10円まで反発しましたが、その後116.16円まで大幅に急落し、荒い値動きのまま 119円まで反発した後 118円台を推移して引けました。

昨日(8/24) の日経平均は -895.15円の大幅続落で、NYダウ平均も -588.40ドルの大幅続落でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

117.50円 - 119.00円(予想は シティーバンク銀行 尾河眞樹氏)

[注目ポイント] 一時的な調整

[為替予想]

昨日は 116円台20銭ぐらいまでドル安円高が一気に進み、1日に 6円も下落と言う事になっています。

昨日アメリカの NYダウも 600ドル下げて引けてますので、今日はアジア時間も荷系平均等下がるようであれば、やはり今日は下押しリスクが高いかなと思います。

こういう時はチャートを見るしかないので鵜sが、ドル円の 120円41銭と言うところが重要なポイントでネックラインを割れてしまってますので 115円台半ばぐらいまでは下落してもおかしくないという形になってます。

どちらかと言うとこの下げ幅をほぼ一日でやっちゃったという形なので、ここからの下押しと言うのはそんなに大きくないと思いますが、レンジが 115 から 120 にしばらくちょっと切り下がっている状況です。

29日にジャクソンホールのシンポジウムで FRB のフィッシャー副議長がパネルディスカッション参加とありますが、いかに市場を安心させるるようなメッセージが出せるかと言うとこだと思います。

どちらかと言うと利上げが作送りされると言うよりは、利上げは年内にできるんだと言うメッセージになってくると市場のだんだん安心してくると思います。

[本日の戦略]

本日は、もう全く読めません。(^^ゞ

■ 今日の米国経済指標

22:00 米 6月住宅価格指数
22:00 米 6月 S&P /ケースシラー住宅価格指数
22:45 米 8月マークイット総合 PMI・速報値
22:45 米 8月マークイットサービス業 PMI・速報値
23:00 米 7月新築住宅販売件数
23:00 米 8月消費者信頼感指数
23:00 米 8月リッチモンド連銀製造業指数

■ その他の経済指標

15:00 独 2四半期 GDP・確報値
17:00 独 8月 Ifo 景況感指数
17:00 独 8月 Ifo 景気期待指数
17:00 独 8月 Ifo 現況指数
18:30 南ア 2四半期 GDP

■ 気になる要人発言

25:25 加 シェンブリ BOC 副総裁の講演

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。