2017年03月17日

金曜日のドル円

おはようございます。

今日は昨日の結果をアップしておきます。

始値 113.386
終値 113.308
高値 113.552
安値 112.906

東京タイムは、113円台前半でのもみあいが続きました。

欧州タイムは、一時的に 113円を割れる場面もありましたが、113円台前半での小動きが継続しました。

NYタイムは、113円台前半のレンジワークが継続しました。

昨日(3/16) の日経平均は 12.34 円の反発で、NYダウ平均は -15.55 ドルの反落でした。

■ 本日の為替予想レンジ(テレビ東京モーニングサテライト)

112.65円 - 113.65円 (予想は みずほ銀行NY 日野景介氏)

[注目ポイント] ドル円の上値の重さ

[為替予想]

FOMC後の流れも一巡し、小幅な値動きに終始しました。

ロンドン引けにかけては下値を探る展開となり 113円割れまで下落しましたが、本日の安値を更新するほどの力強さわなく 113円台前半で動意なく推移しております。

今週の注目イベント FOIMC、予算方針、日銀金融政策決定介護をこなし、これまで同様のレンジ取引となりそうです。

2月中旬以降 FOMC に向け FRB高官によるタカ派発言があいつぎ、米金利は上昇してきましたが、それとは対照的にドル高は進まず、ドル円は 112円から 115円を中心としたレンジ取引にとどまりました。

一方 FOMC で緩やかな利上げペースが維持されると、利上げペースの加速を期待していたドル買いポジションが解消され、ドル全面安の展開となり、金利上昇、ドル買い局面dめお上がれなかったというのはむしろ 115円台の上値の重たさを強調する形となりました。

やはり、為替市場ではトランプ大統領の保護主義やドル高懸念、またヨーロッパの政治リスクが重くのしかかっている印象です。

そのため今後も 1月以降のレンジである 112円 115円を中心に上値重く推移しそうです。

■ 本日の戦略

本日も戻り売りで行きたいなぁ〜。

■ 今日の米国経済指標

22:15 米 2月鉱工業生産
22:15 米 2月設備稼働率
23:00 米 3月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値
23:00 米 2月景気先行指数

■ その他の経済指標

G20財務相・中央銀行総裁会議(-18日)
19:00 ユーロ圏 1月貿易収支
19:00 ユーロ圏 1月建設支出
21:30 加 1月製造業出荷

■ 気になる要人発言

なし

ブログランキングに参加しています。

ハゲみに応援のポチポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ

どうもありがとう。

posted by 眠泰三 at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。